便秘薬でダイエットは超危険!

便秘薬でダイエットは超危険!

女性の中には、「食べたものは、出せば痩せる!」と言って、便秘薬をダイエット方法の一つと捉えている方がいます。

 

ですが、これは大間違いです!便秘薬はダイエットのために使用するものではありません!

 

むしろ、ダイエットに便秘薬を使うのは、すごく危険なことなのです。

 

今回は、「便秘薬でダイエットは超危険!」と題して、危険な理由や知っておいていただきたい知識をご紹介します♪

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる

 

便秘薬依存症に要注意

便秘薬は、ひどい便秘を治すための一時的な使用には、効果があります。

 

ですが、ダイエットのために長期間使うことは、効果どころか弊害を及ぼします。

 

それには、2つの弊害があります。

 

1つは、腸壁がボロボロになってしまうということです。

 

市販の便秘薬は、腸に直接作用して便を押し出すものなので、何度も使用していると腸壁が傷ついてボロボロになってしまうのです。

 

また、腸壁が傷ついてしまうことによって腸内フローラが壊れてしまい、結果悪玉菌が増えてしまう原因ともなってしまいます。

 

2つ目は、薬ばかりに頼っていると、自力で排泄するということを身体が忘れてしまい、便秘薬なしでは排泄できないなんてことにもなりかねないのです。

 

腸も筋肉ですので、薬で出すことばかりしていると筋肉が弱ってしまいます。 結果、自力で排出するという機能がなくなってしまうのです。

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる